フラッシュ脱毛以外を選ぶ理由がないぐらい!

脱毛エステ、クリニック、そして家庭用脱毛器と、脱毛方法のスタンダードはもはや完全にフラッシュ脱毛になりつつある、といっても過言ではないくらい、フラッシュ脱毛の人気が高くなっていますよね。

 

こんなに流行っているんだから…ってことで、私も、背中とアンダーはフラッシュ脱毛をやっているサロンで施術してもらいました。

 

フラッシュ脱毛のメリットは「痛くない」「肌が綺麗になる」「準備と施術が比較的簡単」といったところでしょうか。

 

痛みがないのがやっぱり嬉しい

私は電気ニードル脱毛での永久脱毛を、ワキとVラインで経験していますが、確かに、フラッシュ脱毛とは比べものにならないくらい痛かったです。

 

ごく稀にほとんど痛みを感じないという人も中にはいるようですが、毛流れに沿って1本1本針をさしこみ、電気を流していくわけですから、痛くないわけがないですよね(笑)

 

私はワキの時にはその痛みを我慢できずに、後半はクリニックで麻酔をしてもらって施術を終えたくらいです。

 

比べてフラッシュ脱毛も、痛みはあることはありますが、一瞬はじかれたように少し痛むだけなので、全然我慢できる範囲でした。Vラインはニードルでもあまり痛みは感じなかったので、場所によっても差はあるかもしれません。

 

ただ、永久性の実績からいえば電気ニードル脱毛に分があります。
実際、10年以上前に施術を受けていますが、電気脱毛をした部位は、1度も自己処理をしないですんでいます。

 

毛穴が綺麗になるのも嬉しいポイント

肌に優しく、また毛穴が閉じて肌が綺麗になるというのはフラッシュ脱毛ならではの効果ですね。

 

家では主に家庭用のフラッシュ脱毛器「イーモリジュ」を使って行っていますが、鼻の下や指、膝まわりの毛穴が、脱毛の照射のたびに目立たなくなるのが実感できました。家庭用とはいってもかなり使えます。

 

冷却をする手間と、脱毛後は1ヶ月日焼けができないというのが不便ではありますが、自分でみえる範囲の脱毛には、家庭用フラッシュ脱毛器が個人的にはおすすめです。

 

家庭用脱毛器が売れていることからも、準備と施術が簡単というのはお分かりいただけるでしょう。

 

準備が面倒とはいいましたが、例えば電気ニードル脱毛の場合は脱毛前に毛を長く伸ばしておく必要があったりします。フラッシュ脱毛の場合は、1日前くらいにシェービングをして、少しだけ生えた状態にしておくくらいですみます。

 

照射は、続けて同じ場所に照射しないように注意しなければなりませんが、それほど毛が濃くない部分であれば、多少照射残しがあってもまた次回に照射すればok。

 

エステでやってもらう際はここがエステティシャンの腕の見せ所にもなります。毛が濃いめ、範囲が広い、OラインやIラインなど自分ではみえない部分をフラッシュ脱毛したいという時には脱毛エステのほうが安心かもしれません。

 

産毛にも強く脱毛効果が高い

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と違って、細い産毛にもちゃんと効いてくれるのでどんなタイプの毛でも脱毛効果が期待できます。

 

女性の体毛は基本的には男性に比べて細い毛が多いので、今までは脱毛効果が低くて難しい部分もありました。

 

その代表格が背中の毛です。
細い上に毛の量もかなりある脱毛するには厄介なパーツでしたが、フラッシュ脱毛の進化によって脱毛効果も期待できるようになり、肌も綺麗になるということもあって、今では人気の脱毛パーツとなっています。

 

自分で処理するにも背中は難しい場所なので、カミソリなどを使うと怪我をする恐れもありますし、均一に処理できなければ逆に汚く見えてしまうという問題もあります。

お勧めサイト:背中の毛の処理。みんなはどうしてる?

 

最近は色んなエステでフラッシュ脱毛が受けられるようになってきているので、面倒なムダ毛処理にストレスを感じているのであれば一度受けてみるのもいいと思います。

 

また、近頃家庭用のフラッシュ脱毛器も続々と人気機種が出てきているので、ますます私たちの身近なものになってきていますね。